ソノマの暮らしブログ

カリフォルニア州ソノマに住んで25年。第二の故郷と決めた美しいワインカントリーで、ワインを追いかけて暮らしています。

真珠湾攻撃を知らなかった私

pearl harbor gettyimages RSZ


12月7日の朝、テレビのニュースを見ていたら、真珠湾攻撃の80周年記念日のニュースが報道されていました。

1941年12月7日(日本時間だと12月8日)は、日本がハワイのオアフ島真珠湾にあるアメリカ海軍基地を日本海軍の空母機動隊が攻撃した日なのでした。この攻撃でオアフ島は大きな被害を受けて、2400人が亡くなりました。この攻撃から80年がたって、アメリカ海軍に勤務?していた生存は少なくなりましたが、100歳を超えた男性が取材に応じていました。

アメリカでは、攻撃時に日本側は交渉打ち切りの最後通告をアメリカ側に手交してもおらず、日本が奇襲攻撃をかけた日とされています。真珠湾攻撃の80周年記念のテレビ番組では「アメリカはこの戦争は始めていない」とアナウンサーがきっぱりと言っていました。

日本側にとっては、いろいろな事情が重なって通告ができなかったという説明もあります。

ハワイはもちろんアメリカのあちこちで、毎年、真珠湾攻撃で亡くなった人を偲ぶ行事が続けられています。

この日をきっかけにアメリカが参戦して悲惨な終わりを迎える第二次世界大戦が始まりました。

今から約30年以上前にカリフォルニアへやってきたばかりのころ、私は真珠湾攻撃を知りませんでした。学校の歴史の授業で教えられなかったのです。田舎の学校で教育のレベルが低かったので教えられなかったのか、当時の文部省が世界第二次大戦については教えないという方針を打ち出していたのか、私にはわかりません。

ドイツではヒットラーの犯した残虐な行為をすべての生徒にしっかり教えて、二度とこういう人物を選んではいけないと徹底した教育をしています。日本は第二次世界大戦が始まる前後の軍事主義に傾いていった状況をしっかりと教えているのかな?

あるサイトによると「日本の教科書では?」という項で
アメリカ側の提案(ハル=ノート)は……満州事変以前の状態への復帰を要求する最後通告に等しいものだったので、交渉は絶望的になった。12月1日の御前会議は対米交渉を不成功と判断し、米・英に対する開戦を最終的に決定した。12月8日、日本陸軍が英領マレー半島に奇襲上陸し、日本海軍がハワイ真珠湾を奇襲攻撃した。日本はアメリカ・イギリスに宣戦を布告し、第二次世界大戦の重要な一環をなす太平洋戦争が開始された。(『詳説日本史』)と記載されているとのことです。

私の記憶では歴史の教科書にキノコ雲の写真が載っているのを見て、早くこの時代について知りたいなと思っていたのですが、その時代になる前で学期が終わっていました。

日本の現代の歴史教育ではこの時代を学校では教えているのかしら?

30年前、私はサンタローザのコミュニティカレッジに通っていたのですが、12月7日の朝、スポーツカーを運転しているお年寄りが二車線を右へ入ったと思うと左へ入るというギザギ運転してるのです。

「危ないなあ、このお爺さん」と思って車を見ると後ろに「Never forget Pearl Harbor]と書いたステッカーが貼ってありました。

「Pearl Harborってなんだろう」と思いながら、スポーツカーを避けて運転しました。

カレッジで「エミコ、私のお母さんが、今日、パールハーバーのパーティを開くから来ない?」と女友達のバルが誘ってくれました。パールハーバーが何かを理解してない私はパーティと聞いて早速出かけたのです。

お母さんの家のリビングルームの壁に真珠湾攻撃の新聞記事がたくさん貼ってありました。タンカーが燃えて大きな黒い煙がもくもくと出ている写真もありました。

ぼんやりと記事を見ている私にバルのお母さんが挨拶にやってきました。

「この日、ハワイに住んでた私は子供だったのよ」

「まだ覚えてるんですね」と日本が奇襲攻撃をかけたことを知らない私はチンプンカンプンな返事。

その頃の私には新聞記事をさっと読むほどの英語力がありませんでした。

「なんか沈んだパーティだな」とアホな私。

バルもおそらくパールハーバーが何か知らなかったのだと思います。日本に関係してることだからというので、日本人の私を好意で誘ってくれたのでしょう。

パーティに出席してた人たちはバルのお母さん以外は、誰も近づいてきません。(当たり前です)

バルも近づいてこなかったから、お母さんに叱られたのかも。

「あんたの国が奇襲攻撃をかけたんだよ!」って怒鳴られなくてよかった(汗)

当時のフランクリン・ルーズベルト大統領が「悪名高い日」と呼んだその日の出来事によって、アメリカの第二次世界大戦への関与が始まって、その後、数十年にわたる世界的な米国の軍事影響が続くことになります。

真珠湾攻撃を受けたアメリカ人はファシズムと戦うためにと団結しました。 冷戦後、アメリカは共産主義との世界的な戦いを繰り広げたし、 最近、イラクとアフガニスタンでの戦争へと米軍は拡大されていきました。

真珠湾攻撃の歴史を研究している当時6歳だったハワイ在住の女性は、アメリカ人は1941年の真珠湾攻撃から60年後の2001年9月11日の同時多発テロに真珠湾奇襲攻撃と同じように大きなショックを受たと述べています。 真珠湾攻撃の物語を収集する30年間の仕事の中で、「忘れられがちな女性や子供、民間人など、戦争の影響を受けたすべての人の生活を再考してほしい。 戦争はすべての人に影響を与えることを人々に知ってもらいたい」と話しています。

「戦争はこりごり。日本は二度と戦争をしてはいけない。ひどい目に合うのは一般人なのだから」と戦争絶対反対の母の声が聞こえてきます。

私にとって真珠湾攻撃は、自分が住むことになる国の歴史を前もって学ぶことをしなかった若気の至りを思い出す日です。

Getty Image の写真を使わせていただきました。

続きを読む
250 ヒット

地球温暖化防止と牛

ここ数年、カリフォルニアは大規模な山火事そして旱魃が続いています。山火事はカリフォルニアだけではなくて、他の州、オレゴン、コロラドなどでも発生しているし、世界ではオーストラリア、ギリシアで大きな山火事がありました。

そして今までになく大規模なスケールのハリケーンが大西洋沿岸の州を立て続けに襲っています。日本も台風の被害がひどいと聞いています。ドイツで大雨による大きな土砂崩れが起きたのも今年のことです。

原因は地球温暖化です。

地球温暖化とは、大気中にある二酸化炭素(CO2)やメタン、フロン, オゾン、亜酸化窒素、水蒸気などの温室効果ガスが増え過ぎて、宇宙に逃げようとしていた熱が地表にたまりすぎることで、気温が徐々に上昇し、地球全体の気候が変化することです。(WWF Japan)

世界の科学者が温暖化の原因である温室効果ガスを減らす様々な方法を提案しています。

その一つとして、牛が地球温暖化防止に協力?することができると科学者が発表しました。

なんで牛?と思うことでしょう。

牛は大量に排尿します。一頭の牛の1日の排尿量は30リットル。牛の大量の尿が環境保護に大きく影響するというものです。

2019年のデーターでは亜酸化窒素は全米の温室効果ガスの7%を占めていると報告されています。

尿には窒素がふくまれており、糞便と混ざるとアンモニアになり、酸性雨などの環境問題になります。また硝酸塩で水を汚染し、空気中の汚染物質である亜酸化窒素を生成します。

もし牛が決められた排尿場所(牛のトイレ?)へ行く訓練できたら、廃棄物を管理して温室効果ガスの排出量を削減することができるというものです。

そこで牛が一定の場所で排尿するように訓練できるかどうかという実験をしました。

牛の糞も地球温暖化に影響を与えていますが、この実験では糞は含まれていません。結果は牛のトイレットトレーニングは可能だという結果が出ました。

ドイツでのリサーチなんですが、16頭の牛のうち、11頭が決められた場所で排尿するようになりました。牛用のトイレ?のドア(ゲート)を押して 指定された小屋?に入って排尿。幼児のトイレ訓練と同じで、特別の小屋に入った牛が、その小屋で排尿したら甘い液体を与えるという方法で訓練しました。もし小屋以外の場所で排尿したら、冷たい水をかけるのだそうです。子牛は15日で訓練ができました。もしかして人間の子供はもっと日にちがかかる子もいるかも?

牛が地球温暖化防止に協力することになるかもしれないのに、私(人間)は、何ができるのかなあと考えてしまいました。

地球温暖化防止を目指す組織に入ったり、政治家にメッセージを送るという活動をする方法もあります。

でも、私が毎日の暮らしの中でできることはないのかなと思って、いろいろ調べました。答えは「カーボンフットプリントを少なくすること」でした。

カーボンフットプリントって何?

カーボンフットプリントは、直訳すると「炭素の足跡」。産業的には商品やサービスの原材料の調達から生産、流通を経て最後に廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算したものです。

人の暮らしのレベルだと、個人、イベント、組織、サービス、場所、または製品によって引き起こされる温室効果ガスの総排出量を、二酸化炭素換算で表します。

サイトの名前忘れてしまいました(汗)がカーボンフットプリントを個人レベルで減らすには、以下のことができるとリストアップされてました。

*牛肉を食べる回数を少なくすること、そして食べる量も少量にすること。

多くのアメリカ人はビーフを毎日たくさん食べます。牛は環境に大きなインパクトを与えているので、牛の数を減らすために、牛肉、乳製品を食べる回数を少なくして、植物ベースの食事に切り替えることを奨励しています。

*ビジネスのために飛行機を利用しいる人はビデオコンファレンスを多くすること。車での移動なら車を電気自動車に切り替えること。

*どうしても車を運転しなければならないなら、電気自動車かハイブリッドに替えること。

車のタイヤの空気をしっかりと入れておくこと。

駐車しているときはエンジンを止めること。

*車での移動ではなく歩くこと、自転車に乗ること。

*木を植えること。緑豊かな公園とか庭は大切です。The Woodland Trust という組織は10年間で6400万本の木を植えることを計画しています。

自宅に緑のスペースを作ったり、バルコニーや窓際の鉢に植物を植えること。

小さな公園、池、コミュニテイガーデンなどがあったら守ること。

緑を保護する団体があったら協力すること。

*家の中での小さな日常の習慣を変えることで、カーボンフットプリントと燃費を減らすことができます。

家の中の温度を少し低くして、寒かったら、もう一枚か二枚着る。

使ってない電灯や電気器具はスイッチを切っておく。

電球はLEDか低エネルギーライトに切り替える。

水効率の良いシャワーヘッドに替える。

家の断熱材は適切なものを使っているかどうかチェックする。

窓やドアの隙間を塞ぐこと。

家やアパートを借りてるなら、大家さんにエネルギー効率が良い建物になっているかどうか確認する。もしなってないならエネルギー効率が良い建物に変えることを提案する。

*無駄を最小限に抑えるように努力する。

一度しか使わないものを買うのは避けること。

必要以上に買わないように努力すること。

中古品を買うようにすること。

長く使用できる質のものを買うこと。

新しいグリーン志向(カーボンフットプリントを少なくする製法)を目指すブランドを選ぶこと。

修理して再使用すること。

必要がなくなったものはチャリティに寄付するか売ること。

*食べ物を無駄にしない。世界の排出量の8%を占めてるそうです。食物生産、運送、消費者に届くまでのシステムの過程の排出量がとても大きいのです。

*包装が多すぎると思ったら、ブランドに知らせてください。顧客のフィードバックを真剣に受け止めるブランドもあります。

以上のことを丁寧に説明してありました。

このうちのいくつかは、今からすぐに実行できそうです。「塵も積もれば山となる」ということわざがあります。一人一人が小さなことを実行していくと、結構な量の炭酸ガス排出量を減らすことができそうです。

このまま地球の温暖化が放置されたら、今世紀末には30−50%の生物が消滅すると予告されています。

「環境への悪影響を減らすために積極的にカーボンフットプリントを少なくする暮らしを始めたら、家族、友人、顧客、クライアントとその経験を共有してください。退屈させたり対立しないでください。代わりに、体験の浮き沈みを正直に話しましょう」とありました。

2021年の国別のカーボンフットプリントの排出量は中国が世界最大で、次いでアメリカ、インド、ロシア、日本と発表されています。

アメリカのソノマに住む私は、丘陵地でのんびりと草を食む牛君たちにエールを送って、二酸化炭素の排出量を少しでも減らす暮らしを目指します。

science-spark.com の写真を使用させていただきました。

   

続きを読む
323 ヒット

アメリカのコロナの政治化

8月20日現在、アメリカではデルタ株が猛威をふるっています。特にコロナ予防接種を受けていない人たちの間で多くの人が感染して、「ワクチン接種をしていない人たちのパンデミック」と表されています。

感染率が高い州では、病院のICUベッドが足りなくなっています。アラバマ州ではICUベッドは満杯と報告されています。

民主党が優勢の州(ブルー・ステート)、例えばカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州、ニューヨーク州などはワクチン接種率が高いです。カリフォルニア州では54%の人が2回目の接種を終えています。ソノマ・カウンティは一度目の接種を終えた人を加えると80%が接種済みです。ワクチン接種率はオレゴン州は56.8%と発表されています。オレゴン州やカリフォルニア州でも感染者は増えているのですが、ワクチン接種率が高いため、入院患者や死亡者は接種率の低い州に比べて、少ないです。

カリフォルニア州ではデルタ株の感染が広がり始めたのを受けて、室内、人が混み合っている場所(コンサート、スポーツ球場など外でのイベント会場)ではワクチン接種をしていない人はもちろん、接種済みの人のマスク着用を義務付けています。

ホテル、レストラン、バーなどではワクチン接種済みの証明書、あるいは数日前のテストでネガティヴだったという証明書を示さなければ室内に入れないという方針を取り始めています。

共和党が優勢の州(レッド・ステート)、例えば南カロライナ州、アリゾナ州、ミシシッピー州、ルイジアナ州、テキサス州、アイオワ州、フロリダ州などでは、デルタ株の感染者が急増しているのにも関わらず、マスク着用義務はない、スポーツ観戦者は自由に入場と、全く逆の方針を打ち出しています。

アメリカでは新学期が始まったのですが、州によって生徒たちのマスク着用の義務付け方針が違うのが、日本人の私には信じられません。

例えばカリフォルニア州では学校の職員、教員、生徒全員のマスク着用が義務付けられています。

学校に勤務する人、教員はワクチン接種を済ませていること、何らかの理由でワクチン接種をしないことを選んだ人は、毎週テスト(72時間前)を受けて感染していないことを証明することが義務付けされています。

ワシントン州はもっと厳しくて、私立、公立学校は職員、教員全員のワクチン接種を義務付けていて、テストでネガティヴ証明書を提出する方法は認められないとしています。

テキサス州、フロリダ州、アリゾナ州では、子供と教員職員にマスク着用を義務付けるのは禁止という政策を取って、ニュースで大きく取り上げられています。

12歳以下の子供は、今のところワクチン接種が許可になっていないので、全員がマスクをして子供を感染から守ろうというのは当たり前のことだと思うのですが、そうではない人たちが存在するのです。

学校によっては州の政策に反対して、マスク直用を義務付けました。ところがフロリダ州、アリゾナ州、テキサス州の知事は、マスク着用を義務付けする学校の教員の給料を減らす、学校に支払う給付金を停止すると脅かしています。

昨日、バイデン大統領はマスク着用を義務付けた学校はヒーローだと褒め称えて、給料の減額分は州政府が出すと宣言しました。

フロリダ州と同じ政策でマスク着用義務付けを禁止しているテキサス州の知事本人がデルタ株に感染しました。「ワクチン接種のおかげで、症状は軽いので、大丈夫」とニッコリ微笑んだイメージをテレビで流していました。マスク着用について同知事の意見は変わるのでしょうか?

マスク着用義務に反対している州は全て共和党優勢の州(レッド・ステート)です。政治家の政治的見解が州民の生死に関わるのですから、恐ろしいです。例えばミシシッピ州のワクチン接種率36.2%(全米で2番目にワクチン接種率が低い)、ルイジアナ州は38.3%とワクチン接種率が低いのは、州の政策によるものです。当然、多くのワクチン接種をしてない人たちのデルタ株感染が急増して危惧されています。

ワクチンが感染予防に大きな効力があることが証明されているのにもかかわらず、ワクチン接種を抑制したり、感染予防に役立つマスク着用義務付けに反対する政治家の意図はなんなのでしょうか?

例えば、フロリダ州の知事は共和党の次期大統領候補になることを狙っているので、トランプ支持派の意向を考慮して、コロナ対策を打ち出しています。トランプを支持する人たちのワクチン接種率は低いです。ワクチン接種を拒否することで、トランプへの忠誠心を示しているのでしょう。

コロナウイルスは共和党であるか民主党であるかなんかは一切関係なく、すきを見てはガンガン感染者を増やしていきます。

人の命を守るという基本的な考えで、バイデン大統領はコロナウイルスを抑制しようと政策を打ち出すのですが、バイデン大統領が民主党だからというので、共和党は大統領が提案する政策に反対します。コロナがアメリカにもたらす大打撃を両党が協力して少なくしようという政治家が共和党にはいません。もしいたとしても、決して公の場では公言しません。

政治家としての野心のために、人が重病になる、死ぬということは考慮に入れていないことが明らかで、悲しいことです。こういう政治家が、アメリカの将来を担うことになったら、空恐ろしいです。

「政府がマスク着用を義務付けるということは、自由が損なわれる」というのがマスク着用義務化反対の理由です。

トランプ前大統領がコロナウイルス対策を政治化させてしまいました。それがいまだに続いているのです。彼の政策はアメリカの政治を右と左に分極化させてしまいました。アンケートではアメリカ人の69%がマスク着用義務化を支持しています。その内訳をみると民主党支持者の92%がマスク義務化に賛成、共和党は44%と低いのです。

政治の分極化が学校でのマスク着用義務化にも表れていて、マスク着用義務化に反対する両親が、教員がしているマスクを無理やりはぎとるという事件が数州で起こっています。

「民主主義は自由を保障しているけれど、責任が伴う」と学校で教えられました。

マスクをしないで子供を含む他の人にコロナ感染を広げてしまうという自由もあるんですかね?多少不自由でもマスクをして子供たちや家族、知人、友人への感染を防ぐという責任があると思うのですが。

6月の時点で、バイデン大統領の方針では大半の大人がワクチン接種を終えて、集団免疫が生じると期待していました。

アメリカではワクチン接種をしたら、宝くじをあげるとか、ビール、ピッツァをあげるとか、ワクチン接種の効果を科学的に信じる連邦政府も州政府もいろいろと努力をしたのですが、それでもワクチンの接種をしない人が多くて、集団免疫に到達しませんでした。

ワクチン接種を敬遠している人の中には、接種による副作用が出て仕事を休まなければならないことを心配したり、ワクチン接種会場までの交通機関がないという人たちもいると思いす。接種会場までの交通費を出す、ウーバーをタダで利用することができると、政府では接種を強く奨励したのですが、それでも接種をしない人が多いのです。

「自分は健康だから大丈夫」と確信している人も少なくないのでしょう。でも接種をしていない健康な30代から50代の人の多くが感染して、重症であったり亡くなっています。

怪しげな右翼系のテレビ局とかフェイスブックのコロナに関する誤った情報を信じてしまった人たち(フェイスブックは誤報を流すサイトのいくつかを閉鎖しましたが)、そして、共和党の政治家の中にも平然と誤報をマスコミに伝えるという現象が、ワクチン接種の妨げになっています。

そんな状況の中で、デルタ変種株が出現して、どっと感染者が増えてしまいました。

現時点ではアメリカ全体では51%の人が2度目のワクチン接種を終えています。

一日も早くにワクチンの接種をしたいと待っている人たち、ワクチンを買えない貧しい国の人たちが世界中にいます。

上げ膳据え膳でワクチン接種を奨励しても、拒否をする人がいるアメリカ、不可思議な国です。

続きを読む
445 ヒット